妊活中の生理痛

妊活中に生理が来ると妊娠できなかったとガッカリしてしまうものですが、先が見えない治療でもあり、不安が大きくなるものです。

わたしも、不妊治療をしていた時にも、そんな気持ちもありよくわかります。

 

生理痛の原因は、妊娠するために、準備していた子宮内膜がはがれる時に、プロスタグランジンが分泌されることがかかわっています。

いらなくなった子宮内膜を体外に排出するために子宮が収縮するときに骨盤内や子宮周りの血行不良や冷えなどで硬くなって必要以上に筋肉が動いている原因でもあります。

 

痛みは,体からの助けて!!のサイン

 

妊活中に生理痛のあるかたは、骨盤内や子宮周りの血流を改善して、次の妊活に進めるようにしておきましょう♬

 

すいなセラピー按では妊娠するために、作られた、よもぎ蒸しや、経絡による、すいな経絡リンパマッサージ、婦人科医推奨いただいているバザルトホットストーンがあります。

 

一回での施術では、体質改善はなかなか難しいことは、ご存じだと思いますが、妊活始めるできるだけ早い時期から始められると結果がでやすいとおもいます。

一緒に考えて進めていきましょう♬

ご予約はこちらから