生理痛が治らない?

生理痛がなぜ起こるかというとホルモンの働きによるものが原因です。

月経の際に子宮内膜が剥がれ落ちた月経血が排出されます。これはダラダラとでてくるのではなく、子宮を収縮させて子宮の外に出そうとしています。

この子宮を収縮するのはホルモンの働きですが、このホルモンをプロスタグラジンと言いますがこれが生理痛の原因なのです。

このホルモンは発痛物質と言い、痛みを増強させてしますのです。

大きな原因は血流とも言われますから温める事で緩和される一つでもあります。

ご予約はこちらから