東洋医学で見る更年期

更年期障害は主に40~50歳代の方にみられ、閉経期最後に生殖ホルモンの分泌バランスが変わるためにおこります。

腰痛・動悸・息切れ・頭痛・のぼせ・心身の不快感などの症状はいろいろみられます。

東洋医学では、女性ホルモンや月経に関連して起こる症状を【血の道症】といい。

体内も気血(心身のエネルギー)の流れが悪いとされています。

血の道症には、全身の血行調整が大切で足の血海・背中にある肝愈・脾愈・腰の胞膏・三陰交・風池などのツボがあり、流していくことが必要となります。

サロンではツボを押してリンパも流していきます。

血の巡りをよくしませんか?

ご予約はこちらから