按のまめ知識

ダイエット=糖質制限というイメージですが、実は不妊症にも関係するのです。 私たちの体は、糖質を多く取ると、血糖値が急にあがり脂肪をため込むしくみになっています。 あとは、わかりやすくいうと【からだのコゲ】をつくるといわれます。 しみ・しわ・たるみの原因にもなります。ここで注目なんですが!...
子宮の先祖は【腸】です。 そのため、特に便秘がある方は腸はあれることで、同じように、子宮の中もあれてしまいがちになります。 妊活=子宮を元気に=腸をきれいに 脳は錯覚でだまされやすいですが、腸は全くだまされないのです。 腸はとても大事なポイントです

サロンでトリートメントを受けると、身体がぽかぽかしてくること、多いです。 それって、ただ身体が芯からあたたまったことだけじゃないんです。 血のめぐりがよくなる!つまり必要な栄養はカラダに届いて、不要な老廃物は、しっかり身体の外にでていっているということなんです!...
妊活のストレスの根源は、自分がが妊娠できないのではないか?という恐怖から、私は不妊だ・・自分がこの先妊娠できないだろう・・やっぱりできない・・ この不妊にたいする恐怖というものは自ら作りだしています。 そんな自分自身が自分を苦しめていることにきづけば一瞬で変わることができるのです。 変わるためには、今を走りぬけることです♪...

サウナが苦手と感じている方は、温度が高い為、顔が先に厚くなってしまう方が多いですね。 手足が芯までしっかり温まる前に、顔があつくなってしまう。そうすると息苦しく感じてしまうことがありますね。 よもぎ蒸しでは、顔をだしてうけていただきます。...
コレステロールが高いと。大変!病気になるよ!!と言われますが。 妊活では、とても重要なことなんです♪ 卵子は一生新しく増えることはないのですが、卵子の量は実は栄養と関係しているのです。 コレステロールが高い人ほどAMHが高いことがわかったのです。 妊娠前からある程度コレステロールを高くしておくことは妊娠しやすくする方法でもあるのです♪

排卵の時期はずれることによって卵子の質が悪いことのありますが、関係ないということもあるようです。 大切なのは排卵した時に卵胞が成熟できているかどうか。 早くても遅くても成熟していれば安心なんです♪ 一番良くないことは、排卵のバランスがバラバラなこと、そういうのはホルモンバランスが崩れているひとです。...
卵子の質は変わらないといわれますが、生活習慣で変えることができます。 卵子の質が良くならない方 子宮内膜が厚くならない方 冷え症が治らない方 まずは、お風呂につかることを意識してみましょう。 そして、デトックスが重要になります! 水分をたくさんとりましょう♪...

☆お腹が柔らかい「下腹部が痛いのはNG」 ☆体が温かい ☆生理痛がない 心の状態で言うと・・・ ☆ストレスがない ☆余裕がある ☆毎日たのしい この心とカラダのバランスが大事になってきます。 不妊治療されている方にとって、ストレス、温活は大事です。
日本とアメリカの違いは、食べ物の違いと言われることと、病院では、日本の場合は、病院の数と低刺激の治療が主なのでたまごの数が違うといわれています。 あとは添加物の入っていないものオーガニックの食事をとることがもっとも重要だといわれています。 食事・睡眠・身体を冷やさないことが大事になってきます。

さらに表示する

ご予約はこちらから